「運」2月5日の漢字 外国人トラック運転手に在留資格を 経済同友会が提言

 

物流業界の人出不足解決のため、外国人トラック運転手に在留資格を求める提言を経済同友会がまとめたというニュースだよ。

 

https://www.asahi.com/articles/ASM255DZCM25ULFA015.html

 

最近では荷物の再配達が問題になったり人出不足が深刻な物流業界。

1990年の規制緩和で競争が激化し、更にインターネット通販の流行により、

「労働時間が増加したのに年収が下がっている」

というなかなか深刻な状況に陥っているらしい。

となれば、「外国人労働者を雇い人出不足を解消しよう」

となるのが普通だけど、外国人のトラック運転手は他の業界に比べて多くはない。

 

ということなので、

「”在留資格”を外国人トラック運転手に与えて、人出不足を解決しよう!」

となったわけだね。

 

在留資格は、高い技術と知識が要求される「技能労働者」に与えらるものだけど、

「トラック運転手も高い技術と知識が要求される”技能労働者”で”単純労働者”ではない!だから在留資格が与えられるべきだ!」

というのが経済同友会の主張のようだね。

車の運転が超絶ヘタクソで高速の合流で何度か死にかけたキングからすると、トラック運転手なんて超能力者みたいなもんだから、「トラック運転手は技能労働」という主張はもっともだと思うよ。

 

ただ、普段あたりまえに思っている日本の物流は結構レベルが高く、外国人トラック運転手が増えたら、

「荷物は時間通りに届かない」「荷物がたまに傷ついてる」「そもそも荷物が届かない」みたいなことは頻発するだろうね。

でももしそうなったら、日本の物流のありがたみに多くの人が気付くだろうし、消費者が物流業界に求めるサービスも適正レベルに下がるんじゃないかな。

「日本人運転手がメインのサービスの質の良い運送会社」は少し高い。

「外国人運転手がメインの多少の粗さのある運送会社」は料金は安い。

という風に差別化されるようになれば、日本人トラック運転手の収入も上がるんじゃないかな。

 

まあ交通事故は流石に心配だけど、外国人もキングよりは上手いとは思うよ。