「牛」1月29日の漢字 和牛の受精卵、あわや中国に流出。大阪の男性を告発。

 

 

和牛の受精卵と精液を中国に持ち込もうとした男が、

家畜伝染病予防法違反の疑いで刑事告発されたというニュース。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000042-asahi-soci

 

日本のマンガ・アニメなどが海賊版として流出したり、キャラクターがパクられたり、

日本の技術が盗用されたりなんかは中国ではよくあることだけど、

こういった形で日本のブランドが盗まれてしまう恐れがあるというのは中々衝撃的なニュースだね。

 

ちなみに、2017年にはこういうこともあったみたいだよ。

-日本のイチゴが韓国流出、腹は立つけど実は損失は出ていない-

http://agora-web.jp/archives/2028153.html

 

マンガやアニメといったデータで受け取れる財産や、高度な知識や技術といったものは、

インターネットが発達した現代では

ある程度国外流出するのは仕方がない部分もある。

日本のアニメやマンガは、海賊版や動画サイトに違法アップロードされることで知名度を高めていった面もあるし、多少のメリットもある。

 

ただ、和牛やイチゴといった第一次産業が遺伝子レベルで流出するのは非常に怖いよね。

ただいくら和牛やイチゴの遺伝子が流出したところで、

それを育てる人に技術や経験、熱意が無ければ日本と同じ品質のものは作れない。

流出を全て防ぐのは難しいけど、それを知名度やブランドを高めるチャンスと捉える戦略が求められてくるかもしれないね。

 

中国には腹が立つけど、怒りが治らない人は

「和牛」の漫才のリンクを貼っておくので、それで怒りを鎮めると良いよ。