「試」1月19日の漢字 センター試験初日が行われる

 

大学入試センター試験の1日目が行われたよ。

1日目は英語、国語などの試験があったんだけど、

英語のリスニングの問題が話題を呼んでいるよ。

 

野菜や果物をモチーフにしたキャラのうち、リスニング問題で言われているのはどれかを当てるというシュールな問題

この問題が1問目というのもあって、多くの受験生を困惑させたようだね。

 

適正に学力を測るべきセンター試験で、こんなにふざけた問題でいいのか?

という意見もあるかもしれないけど、

英語においてはこういう問題こそが、本当の意味での語学力を測る問題だと思うね。

 

海外に出て、いざ英語を使おうと思ったら、予測できないことの方が多い。

日本の英語の教科書に書いてある

「外国人に道を教える」とか「浅草のオススメ観光スポットを教える」とか、

そんな会話は役に立たない。

 

日本とは全く違う常識の中で会話しなくてはいけない。

日本人には到底理解できない、文化や価値観の中で生活しなくてはいけない。

 

そんな予測不能の海外で生きるためには、

「予測不能の事態に直面した時にいかに冷静に柔軟に対応できるか」

という英語力が求められる。

 

海外で活躍する人材を育てるには、

これくらいのシュールな問題では動揺しない英語力をつけることが大事だと思うよ。

来年以降もこういった問題が増えて欲しいね。